交通事故専門行政書士

交通事故 後遺障害認定専門 自賠責保険請求 自賠責保険被害者請求 むちうち症 治療費打切り 症状固定 後遺障害異議申立 交通事故後遺障害認定立証専門 逸失利益算定 慰謝料算定 この道30余年 行政書士 佐藤洋二 交通事故相談お受けします 東京都世田谷区成城1-30-12グリーヴィラA

交通事故と健康保険

|トータル:1219 | 今日:1 | 昨日:1 |

交通事故と健康保険

 「交通事故に健康保険は使えない」という病院が、少なくありません。これは、まったくの間違いです。健康保険が使えます。

 1968年10月12日に、厚生労働省の保険局保険課長・国民健康保険課長の名前で、都道府県に対し、通達を出しています。

「最近、自動車による保険事故については、保険給付が行われないとの誤解が被保険者等の一部にあるようだが、言うまでもなく、自動車による保険事故も一般の保険事故と何ら変わりがなく、保険給付の対象となるものであるので、この点について誤解のないよう住民、医療機関等に周知を図るとともに、保険者が被保険者に対して十分理解させるように指導されたい」
(健康保険及び国民健康保険の自動車損害賠償責任保険等に対する求償事務の取り扱いについて)。

 保険診療は、1点 10円。
 自由診療は、1点 20~25円。
 
 少なからずの病院が、健康保険を使えないという理由は、上記点数料率を見れば明らかです。つまり、使って欲しくないのです。

 なお、被害者の方で「自分が悪くないのに、何故健康保険を使うんだ!」と、怒る方がおられますが、医療制度の仕組みからいうと賢明ではありません。相手が十分な支払い能力のある国や地方自治体などの場合はそれでもいいのかもしれませんが、たいがいの場合健康保険を使うほうが、自分のためです。

 後日、後悔するケースがあります。自賠責保険からの治療費等の支払いは120万円で、限度額を使い切ってしまいます。任意保険に入っていない相手の場合、相手が自腹を切ることになり最悪です。通常は支払い能力がありませんので。

 

 

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional