交通事故と労災

交通事故による病気・ケガも健康保険の対象となります。

  •  業務外のとき
     病気・ケガの原因が、交通事故などの第三者の行為によるものであっても、健康保険を使うことができます。
  •  業務上のとき
     この場合は、「労災保険」を適用します。「労災保険」に加入していない、自営業者や家庭の主婦の場合は健康保険を使います。

 尚、労災保険に自己負担部分はありません。健康保険は、2~3割りの自己負担部分があります。 

私たちにくる相談で、通勤途上の交通事故、業務中の交通事故の例がかなりあります。
労災と交通事故の関係をキチンと理解しておられる総務の方や経営者の方、あるいは社会保険労務士さんもあまりおられません。
その結果、本来受けるべき手続きしてないために、大損している方がたくさんおられます。