交通事故専門行政書士

交通事故 後遺障害認定専門 自賠責保険請求 自賠責保険被害者請求 むちうち症 治療費打切り 症状固定 後遺障害異議申立 交通事故後遺障害認定立証専門 逸失利益算定 慰謝料算定 この道30余年 行政書士 佐藤洋二 交通事故相談お受けします 東京都世田谷区成城1-30-12グリーヴィラA

異議申立

|トータル:2623 | 今日:1 | 昨日:0 |

異議申立

後遺障害異議申立
自賠責保険の請求に関する認定や、後遺障害の等級認定に納得できない場合は、再度認定請求することができます。これは何度でもできます。しかし、何の根拠もなく再度請求しても、結果は同じことになります。

再度認定請求する場合は、新たな証拠や医学的証明を添付する必要があります。これには、専門的な知識と経験が必要とされ、はじめての方がやるにはほとんど不可能です。

自賠責保険金(共済金)の支払金額(後遺障害等級)など損害保険会社(組合)の決定に対して異議がある場合には、損害保険会社(組合)に対して「異議申立」を行うことができます。
 一般には「異議申立」と言われていますが、後遺障害認定の再請求を行うことです。
 後遺障害等級認定の申立書を、当該保険会社に再度もしくは再再度提出します。早い話が、何度でも請求できます。

 しかし、医学的証明を揃えて、キチンとした根拠にもとづいてやらなければまず無理です。私どもは、その立証のお手伝いをしています。

 これは、かなりの経験を要求されます。なぜなら、自賠責の等級認定の扱い基準が公開されていないからです。そのため我々は、多くの事例研究をしているのです。

 医学的証明を作成するために、被害者の方と同行し、主治医の先生に面談して調査します。 

申立の方法

必要資料(準備いただくもの)

  • 委任状(こちらで用意する書式)、
  • 印鑑証明
  • 事故状況説明図
       事故内容把握のため・・・写真、現場写真、車の修理見積書等
  • 事故証明
  • 診断書・診療報酬明細書(レセプト)
  • 施術証明書(整骨院にかかっている場合)
  • 後遺障害障害等級認定票と別紙
  • 後遺障害事案整理票
  • 診断画像若しくは診断画像のCD
  • 賠償金計算書
    等を、当該保険会社より取りよせて頂きます。精査して再度請求します。

a:2623 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional